社会・環境

共和レザーは、業界に先駆けてISO14001の取得など
人と地球に調和した企業活動を行っています。

最新情報

社会活動 NEWS




みんなの知恵で未来に渡そうきれいな地球

共和レザーでは、「みんなの知恵で未来に渡そうきれいな地球」をスローガンに、
自動車及び建物の内装表皮材、靴及び家具用表皮材メーカーとして、
人と地球に調和した企業活動を行っています。

ISO14001

2000年に永続的な環境対応のシステムが認められ、共和レザーはISO14001の認証を全社一括で受けることができました。
共和レザーの技術で環境にやさしい新素材の開発や、省エネルギー対策なども重要なテーマとして取組みを進めています。
また、3R運動も積極的に展開し、環境型企業としての基盤も着実に整えています。

共和レザーの3R活動
  • 産業廃棄物の減少をめざす「REDUCE」
  • 同じ工程や用途で再使用する「REUSE(RETURN)」
  • 別の工程や用途で再利用する「RECYCLE」

次世代育成支援対策推進法

共和レザー株式会社
 行動計画(2018年4月~2021年3月)

共和レザー社員があらゆるライフステージにおいて、男女の差なく皆が安心して働くことができる会社をめざし、以下の行動計画を策定する。

目標1

子育て支援制度の充実


対策

①短時間勤務制度の拡大検討
②子育て支援手当・子ども手当に対する意見調査
 2018年9月~12月 労働組合員にアンケートを展開
③フレックス制度・年次有休休暇の活用状況調査
 2019年1月~2019年3月

目標2

介護・育児等のやむを得ない事情で退職した社員の復職制度活用の推進


対策

①復職制度の周知と制度に対する意見調査
 2019年4月~2019年9月 全社員にアンケートを展開
②育児休業取得者の保育園事情等実態調査
 2019年4月~2020年3月

目標3

女性の職種拡大と職場環境整備


対策

①在宅勤務などの多様な働き方の検討
②育児休業中の自己啓発支援制度の検討
③重筋作業の改善
 2018年4月~2021年3月

女性活躍推進法

共和レザー株式会社
 行動計画(2016年4月〜2021年3月)

共和レザーでは、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、以下の行動計画を策定する。

課題

従業員に占める女性の割合が少ない。
(2016年3月現在 11.8%)


目標

女性の採用比率を継続して20%以上とする。


取組①

職場環境の見直し
●2016年5月〜
 女性が活躍できる職場の洗い出し
●2016年8月〜
 女性社員のヒアリング
 (現状の業務と今後の可能性・目標)
●2017年4月〜
 女性が使用する福利厚生施設の見直し
 (トイレ、更衣室等)


取組②

女性の採用活動内容の見直し
●2016年4月〜
 女性技能系職種の採用拡大
●2016年7月〜
 女性の職場見学会の実施
●2017年4月〜
 女性の再雇用制度の検討

女性の活躍に関する情報公開
2018年4月定期採用の状況
女性 男性 女性比率
技術職 2名 5名 29%
事務職 4名 1名 80%
技能職 3名 7名 30%
合計 9名 13名 41%