社会・環境

共和レザーは、業界に先駆けてISO14001の取得など
人と地球に調和した企業活動を行っています。

最新情報

社会活動 NEWS




みんなの知恵で未来に渡そうきれいな地球

共和レザーでは、「みんなの知恵で未来に渡そうきれいな地球」をスローガンに、
自動車及び建物の内装表皮材、靴及び家具用表皮材メーカーとして、
人と地球に調和した企業活動を行っています。

ISO14001

2000年に永続的な環境対応のシステムが認められ、共和レザーはISO14001の認証を全社一括で受けることができました。
共和レザーの技術で環境にやさしい新素材の開発や、省エネルギー対策なども重要なテーマとして取組みを進めています。
また、3R運動も積極的に展開し、環境型企業としての基盤も着実に整えています。

共和レザーの3R活動
  • 産業廃棄物の減少をめざす「REDUCE」
  • 同じ工程や用途で再使用する「REUSE(RETURN)」
  • 別の工程や用途で再利用する「RECYCLE」

次世代育成支援対策推進法

共和レザー株式会社
 行動計画(2015年4月~2018年3月)

共和レザー社員が仕事と家庭を両立させ、全社員が働きやすい職場を作ることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮し明るく仕事に取り組めるように、以下の行動計画を策定する。

目標1

社員が仕事と家庭を両立させることができ、
社員全員が働きやすい環境をつくるために実態を調査し、行動計画に反映する


対策

①組合員意識調査アンケート実施
 2015年9月~12月 労働組合家族アンケートを展開
②育児・介護休暇制度の取得状況を確認
 2015年9月~2016年3月

目標2

社員が仕事と子育てを両立させ、能力を十分発揮することができるよう社員への周知・啓発


対策

①11月、家族の週間の理解活動と、水曜日の「ノー残業デー」徹底
②計画期間内に、育児・介護制度について教育実施
 2016年3月 新任管理職を対象に講習会実施
 2016年4月 新入社員対象に講習会実施

目標3

一般事業主行動計画の全社への周知


対策

①周知活動
2015年4月 イントラネットによる広報の実施
 月毎の社内会議にてフォロー・報告
2015年11月 年次有給休暇の取得日数を1人平均12日以上/年とすることを、社員に再徹底
2016年1月 社内報等を通じ周知実施

女性活躍推進法

共和レザー株式会社
 行動計画(2016年4月〜2021年3月)

共和レザーでは、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、以下の行動計画を策定する。

課題

従業員に占める女性の割合が少ない。
(2016年3月現在 11.8%)


目標

女性の採用比率を継続して20%以上とする。


取組①

職場環境の見直し
●2016年5月〜
 女性が活躍できる職場の洗い出し
●2016年8月〜
 女性社員のヒアリング
 (現状の業務と今後の可能性・目標)
●2017年4月〜
 女性が使用する福利厚生施設の見直し
 (トイレ、更衣室等)


取組②

女性の採用活動内容の見直し
●2016年4月〜
 女性技能系職種の採用拡大
●2016年7月〜
 女性の職場見学会の実施
●2017年4月〜
 女性の再雇用制度の検討

女性の活躍に関する情報公開
2017年4月定期採用の状況
女性 男性 女性比率
技術職 1名 8名 11%
事務職 2名 5名 29%
技能職 4名 8名 33%
合計 7名 21名 25%